お知らせ

情報発信日:2016年9月28日

「国際医科学研究会第13回フォーラム」を開催いたしました

免疫と健康長寿に関わる最新研究


日時
2016年12月11日(日)14:00~17:30
会場
新大阪ワシントンホテルプラザ アクセス
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15
TEL.06-6303-8111 FAX.06-6302-7007
■電車をご利用の場合
・JR新大阪駅 1階正面口 空港バス乗り場より 徒歩5分
※お車でお越しの方へ
近隣にホテル提携の駐車場等がございます(有料)。詳しくはホテルにお問い合わせください。
参加費
●事前入金[12月6日(火)まで]
会員 2,000円 非会員 5,000円 医療機関スタッフ 2,000円
●当日支払
会員 3,000円 非会員 7,000円 医療機関スタッフ 3,000円
※医療機関スタッフ:看護師、薬剤師等(医師を除く)
※事前入金は12月6日(火)までとさせていただきます。
また、納入いただいた参加費は返金致しかねますので、ご注意ください。
後援
 株式会社 日本生物製剤

プログラム

プログラムダウンロード

13:30~ 開場  
14:00~14:10 理事長あいさつ
代表世話人あいさつ
 吉川敏一 先生
 林田英隆 先生
14:10~14:40 講演1 「皮膚の炎症と免疫
 -自己免疫疾患の新しい治療法を求めて-」
 市橋正光 先生
(同志社大学 客員教授 / 神戸大学名誉教授)
14:40~15:10 講演2 「再生医療におけるプラセンタ由来の機能性ペプチドの可能性
 ~成長因子から機能性ペプチドの時代へ~」
 日比野佐和子 先生
(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 特任准教授)
プラセンタ由来機能性ペプチドの基礎データから、再生医療における今後の可能性について紹介する。
15:10~16:10 講演3 「健康寿命と統合医療」
 今西二郎 先生
(明治国際医療大学付属統合医療センター センター長・教授)
健康寿命の延伸が高齢化社会において重要な課題である。これを解決するのに、統合医療が大きな役割を果たすと期待されている。
16:10~
16:30
休憩(20分)
16:30~
17:30
基調講演 「21世紀の医学の課題」
 西川伸一 先生
(NPO法人オール・アバウト・サイエンス・ジャパン 代表理事)
17世紀から20世紀の生命科学の歴史を総括し、それに基づき21世紀の医学の課題を考えます。

※プログラムおよびスケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

国際医科学研究会 事務局

〒164-0013 東京都中野区弥生町2-20-8 中野新橋プラザビル7階 703号 プラス・K 内
Tel: 03-5354-5959 / Fax:03-5354-5960 電話受付 10:00~18:00(土日祝を除く)
info@imss-medical.jp

お問い合わせフォーム