お知らせ

情報発信日:2015年9月25日

「国際医科学研究会第11回フォーラム」を開催いたしました

嗅覚、精油とアロマテラピーの最新情報

近年、嗅覚を介するアロマテラピーと精油に関する知識が急速に進展しております。本フォーラムでは嗅覚のメカニズム、フェロモンの受容と効果、アロマテラピー、精油の品質、認知症などの疾患に対するアロマテラピーの知識などについて、最近の知見を交えてご講演頂こうかと考えております。しかしながら、ビジネスを重視する余り、精油に偽和(混ぜ物)を行うことが盛んに起こっており、今回のフォーラムは嗅覚のメカニズム、嗅覚の作用、フェロモンの作用、ピュアな精油の見分け方、疾患におけるアロマテラピーの応用などに焦点をあててみたいと考えています。

日時
2015年12月6日(日) 時間 14:00〜17:25
会場
ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(ルーム2) アクセス
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F
TEL 06-6292-6911
JR「大阪駅」、地下鉄御堂筋線「梅田駅」、阪急「梅田駅」より徒歩3分
阪神「梅田駅」より徒歩6分
参加費
●事前入金[12月1日(火)まで]
会員 2,000円 非会員 5,000円 医療機関スタッフ 2,000円
●当日支払
会員 3,000円 非会員 7,000円 医療機関スタッフ 3,000円
※医療機関スタッフ:看護師、薬剤師等(医師を除く)
※事前入金は12月1日(火)迄とさせていただきます。また、納入いただいた参加費は返金致しかねますので、ご注意ください。
後援
株式会社 日本生物製剤

プログラム

プログラムダウンロード

13:30~ 開場  
14:00~14:10 理事長あいさつ
代表世話人あいさつ
吉川敏一 先生
永井克也 先生
14:10~14:55 講演1 「認知症予防とアロマテラピー」
 浦上克哉 先生
(鳥取大学 医学部保健学科 生体制御学 教授)
14:55~15:10 講演2 「アロマテラピーと脳・自律神経を介する血圧調節
-体内時計とヒスタミン神経系-」
 谷田 守 先生
(金沢医科大学 生理学Ⅱ講座 講師)
15:10~15:25 講演3 「成分分析結果から見る精油品質の現状と課題」
 富 研一 先生
(近畿大学 農学部 助教)
15:25~15:40 休憩(15分)  
15:40~16:25 講演4 「匂いやフェロモンが引き起こす情動や行動のメカニズム」
 東原和成 先生
(東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授)
16:25~17:25 講演5(英語講演) “Essential oil in dermatology and skin aging”
「皮膚科学における精油と皮膚の老化」 
 ドミニク・ダヴェンヌ氏 (M.Dominique DAVENNE)
(Laboratoire Rosier Davenne経営者兼科学部門主任
レンヌ大学アロマテラピーコース 講師)

※プログラムおよびスケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

お申込み方法

申込書ダウンロード(PDF)申込書ダウンロード(WORD)
必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

オンラインによるお申込み
ボタンを押してもページが開かない場合はこちら

国際医科学研究会 事務局

〒164-0013 東京都中野区弥生町2-20-8 中野新橋プラザビル7階 703号 プラス・K 内
Tel: 03-5354-5959 / Fax:03-5354-5960 電話受付 10:00~18:00(土日祝を除く)
info@imss-medical.jp

お問い合わせフォーム